安全な縮毛矯正

hair salon guide

憧れのさらさらストレートヘアを実現する縮毛矯正とは

縮毛矯正は、くせ毛を真っ直ぐにする施術法です。
同様に髪をストレートにするストレートパーマは、元々直毛の人がパーマでウエーブをかけた後、元のストレートに戻すのに適した方法であるのに対して、縮毛矯正は、生まれつきのくせ毛をストレートにすることを可能にした技術です。
ストレートパーマではどうしてもうねりが出てしまう天然のくせ毛の人でも、一度矯正した部分は半永久的にストレートにできると言われています。
ただし、天然のくせ毛であっても、軽いくせ毛の人や、完全な直毛よりも自然さを出したい時は、ストレートパーマが適している場合もあります。
縮毛矯正の方法にはブロー法とアイロン法があり、使用する薬剤については、メーカーだけでなく美容室が独自で開発したものなどたくさんの種類があります。
基本的な施術の流れは、まず、髪のくせを無くすために、たんぱく質の結合を断ち切る薬剤を付け、洗い流して乾かします。
そしてブローやヘアアイロンでストレートにセットして、次は真っ直ぐな状態を定着させるための薬剤を付けます。
しばらく放置した後、洗い流して乾かします。
ブロー法かアイロン法か、または併用するかについては、どんな仕上がりにしたいかや、髪の量や髪質などに応じて選べます。
施術後は、自宅でのアフターケアも大切です。
トリートメントを使用する、濡れた状態でブラッシングしない、といったことを心がけると良いでしょう。

体質に適した安全な縮毛矯正の利用について

縮毛矯正は縮れた頭髪をまっすぐに伸ばす処置の一種で、美容院などで専用の薬剤を用いて行います。
縮毛矯正はパーマと同様に効果が長続きする一方で、体質に合わない薬剤を使い続けると肌荒れや抜け毛などのトラブルに見舞われてしまうことがあります。
また、器具の使い方を誤ると怪我や火傷を生じることもあることから、自分の体質に適した安全な方法で処置を行うことが大切です。
毛質に適した方法で処置を行うことで効果を長持ちさせることが出来るので、縮毛矯正は事前の検査が重要になります。
特に健康状態の良し悪しが効果に影響するので安易に価格や知名度だけで即決せずに慎重に判断することが大切です。
美容院やエステサロンなどで頭髪の状態を改善させる処置を受ける場合、頭髪だけではなく頭皮の状態も良好に保つことが重要になります。
毛穴に汚れが詰まっていたり頭皮にフケや皮脂が付着していると矯正に悪影響をもたらすので、必ず洗髪を行って清潔に保ちます。
また、ヘアカラー処理を行っていると頭髪が傷んでいることが多く、矯正を行っても切れたり抜け落ちてしまうことがあるので避けます。
綺麗に整った矯正を行うためには頭髪を健康に保つことが最も大切です。

recommend

新小岩 歯科

代行 品川

菊川の美容室

五反田の歯科

代田橋の歯科

ドローンパイロットの勉強をする

豊川 エステ

Last update:2017/12/8

『縮毛矯正』 最新ツイート

@c_yoshihiro

『縮毛矯正』というとストーンとした真っ直ぐな感じ、もしくは失敗されてカッパ状態に、、、 という負のイメージもあるのは否めませんが、僕はそんな縮毛矯正はしません。 今回はラクを追求したボブの形 曲げる縮毛矯正! 曲げれば毎朝ラクラク◎ https://t.co/pl9cSgfn81

4分前 - 2017年12月11日


@sakiHR9

@mitty_heart つるつるになりたい~!☺️ 癖毛でねじれながら生えたり、うねりながら伸びるからほわほわでまとまらなくて年に2回~3回かけてるの。 ドライヤーの時間も雲泥の差。縮毛矯正しなくて良かったらトリートメント代に回したい~!サラ艶は正義だね。

4分前 - 2017年12月11日


@kurenaibyousinn

何するだろう…欲しい化粧品買ったら10万でしょ。家電製品買ったら50まんでしょ…友達呼んで焼肉やったら一人一万で8万でしょ…財布3万欲しいし…美容院行って一番いいトリートメントと縮毛矯正とカットで3万…シャンプーとリンスも欲しいし…使い切れそう

6分前 - 2017年12月11日